NITTO SHINKO
|
お問い合せ
|
製品に関して
|
製品以外に関して
|
NITTO DENKO
|
HOME
製品情報
技術情報
会社情報
採用情報
こんなところに日東シンコー
日東シンコーの取り組み
CM
文字のサイズ小中大
会社情報
会社メッセージ
概要
沿革
拠点
グループ
環境(方針)
環境(活動)

会社情報

メッセージ
私たち日東シンコーは、半世紀以上にわたり培った“電気絶縁技術”をベースに環境対応車両、省エネ、社会インフラなどの市場で、地球に優しい製品の創出に「チャレンジ」をし続けております。
これまで創り上げてきた数々の製品は、多種多様な設備や機械・機器に組み込まれ人目に触れることはありませんが、私たちの製品は機器を電気や発熱から守り続けています。とても地味な仕事ですが、皆さんの生活の“快適・安全・安心”を築くことが私たちの誇りとなっています。
また、地球環境への取組みは企業としてだけではなく、地域社会とともに歩んでいかなければならない重要な課題です。私たち日東シンコーはこれからも明るい未来に向けた活動を積極的に行ない、“地域・社会から愛され、信頼される企業”を目指していきます。
日東シンコー株式会社 社員一同
概要
商 号
日東シンコー株式会社/Nitto Shinko Corporation
代表者
代表取締役社長 相澤 泰之
設 立
1949年9月29日
本社所在地
〒910-0381 福井県坂井市丸岡町舟寄110号1番地1
TEL 0776-66-1360
資本金
4億8,250万円
従業員数
362名(2017年4月1日現在)
事業内容
自動車用材料、電子用材料、重電・電線材料
主要製品
薄葉材料・積層成形品・プリプレグ・多層ラミネート材・シリコンラバー応用品・金属基板材料・接着シート・粘着テープ
適用規格
ISO9001 ISO14001
登録日
1995 年1月27日
1998 年9月24日
登録番号
01232-1995-AQ-KOBUKAS/
JAB EC98J1053
沿革
1949年
株式会社新興化学工業社設立
1957年
日東電工株式会社の資本導入。商号を新興化学工業株式会社に変更
1970年
丸岡工場(現 本社事業所)新設
1976年
第2工場新設
1984年
第3工場新設
1995年
環境ISO14001(96年度版)認証取得
1997年
日東電工株式会社 電材事業部と統合し、商号を日東シンコー株式会社に変更
1998年
ISO14001(96年度版)認証取得
1999年
第3工場増築  創立50周年
2000年
宏精化学工業株式会社に資本導入。商号を福島日東シンコー株式会社に変更
2003年
品質ISO9001(08年版)認証取得
2005年
新工場E棟新設  環境ISO14001(04年度版)認証取得
2009年
品質ISO9001(08年版)認証取得  創立60周年
2012年
日東新能源(蘇州)有限公司 設立
2012年
第4工場新設
2013年
実験棟新設
2015年
総合事務棟新設
拠点
カスタマーセンター(各種お問合せ窓口)
〒910-0381  福井県坂井市丸岡町舟寄110号1番地1
TEL 0776-67-0700  FAX 0776-67-8090

製品に関するお問い合わせはこちら
製品以外に関するお問い合わせ >
東京オフィス
〒108-0075 東京都港区港南1丁目2番70号(品川シーズンテラス26F)
TEL 03-6632-2057   FAX 03-6632-2031
名古屋オフィス
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目3番地1号(名古屋広小路ビルヂング3F)
TEL 052-221-9488  FAX 052-231-0237
大阪オフィス
〒541-0042  大阪府大阪市中央区今橋3丁目3番13号(ニッセイ淀屋橋イースト15階)
TEL 06-7639-0008  FAX 06-7639-0024
グループ

福島日東シンコー株式会社
住 所
〒963-5407 福島県東白川郡塙町大字西河内字上福沢1-5
TEL
(0247)43-2305
設 立
1960 年
主要製品
射出成形品・防水成形品・エポキシ封止材料
適用規格
ISO9001
登録日
1999 年4月16日
登録番号
JQA-QM3290

日東新能源(蘇州)有限公司
住 所
〒215-122 中華人民共和国 江蘇省 蘇州工業園区 蘇虹中路468号5
TEL
+86-512-6258-3330
設 立
2012 年
主要製品
電気・電子絶縁用部材・熱伝導性回路

環境(方針)
基本理念:
「環境問題は、地球規模で永続的に取り組まなければならない人類共通の問題である」ことを認識し、経営の最重要課題としてとらえ、技術的、経済的に可能な範囲内で、全従業員及び派遣社員が参画して環境保全のための継続的改善活動を推進する。
スローガン:
自然環境の保全に努め、環境にやさしい企業活動を行う。
日東シンコー株式会社グループは、基本理念とスローガンのもと、電気絶縁材料、電線構造材料、電子関連材料、産業資材の開発及び製造を行う事を踏まえ、環境側面に関する適用可能な法規制、その他の協定等を順守する。また、地域社会との共生を図り、事業活動、製品及びサービスが与える環境影響を評価し、環境負荷を低減するため、次の継続的課題に取り組む。
1.ISO14001に準拠し、構築した環境マネジメントシステムにより、環境保全活動を推進する。
2.事業活動、製品及びサービスに係る環境側面を常に認識し、汚染の予防を推進する。
3.本環境方針を達成するため、次の項目について環境目的・環境目標の設定とレビューを行い、
関係会社を含む本社事業所内外の全従業員及び派遣社員で推進する。
1)地球温暖化防止のため、電力及び燃料の効率的使用に努め、省エネルギーを推進する。
2)資源の有効活用のため、産業廃棄物の削減及びリサイクルを推進する。
3)化学物質による地球環境汚染防止のため、有機溶剤等化学物質の削減及び代替化を推進する。
4)環境負荷の低減を指向した製品開発、技術開発を行う。
4.この環境方針は、本社事業所内外の関係会社を含む全従業員及び派遣社員に周知徹底する。
また一般の人々に開示する。
環境(活動)
福井テレビエコキャップ運動参加
構内で集められたペットボトルキャップは業者が換金しリサイクルされます。
この換金されたペットボトルキャップは、予防接種(ポリオ)を受けられない世界の子供たちのために役立っており、当社ではこの運動に09年度より参加しています。
ライトダウンキャンペーン
ライトダウンキャンペーンに参加し、構内サイン類の夜間消灯に取り組んでいます。
本社事業所周辺清掃活動
地元の環境活動(美化運動)に積極的に参加し、
本社事業所周辺の除草やゴミ拾いなどを行っています。
本社事業所周辺清掃活動

廃棄ガス燃焼装置と廃熱ボイラー
生産工程から排出される廃熱ボイラーと有機溶剤ガスや揮発性物質をダクトで集めて直接燃焼式脱臭装置で無害化処理しています。このとき発生する熱をボイラーの熱源に利用するサーマルリサイクルも行っています。
加熱式脱臭炉
ボイラー
直燃式脱臭炉
廃熱ボイラー

環境(方針)
品質基本方針
  お客様に満足していただける品質づくり
私たちは、常にお客様にとっての最高品質とは何かを考え、以下の製品・サービスを提供します。
 ・お客様・会社・環境に安全でやさしい製品
 ・お客様の要望を満足する機能を有する製品
 ・お客様の用途・用法に適切に応える使いやすい製品
 ・お客様が必要な情報・サービスの迅速な提供
 ・適切な価格でご要望に沿った納期での安定供給